日本の世界遺産/石見銀山遺跡とその文化的景観

【登録物件名】 Iwami Ginzan Silver Mine and its Cultural Landscape

【遺産種別】 文化遺産

【登録年月日】 2007年07月(第31回世界遺産委員会クライスト・チャーチ会議)

【所在地】 島根県大田市

京都の文化財/清水寺
京都の文化財/鹿苑寺舎利殿・金閣
京都の文化財/西芳寺・苔寺
京都の文化財/慈照寺・銀閣

登録物件概要

石見銀山(いわみぎんざん)は、島根県大田市にある戦国時代後期から、江戸時代前期にかけて最盛期を迎えた、日本最大の銀山(現在は閉山)である。
当時、世界の銀の3割を産出し、大森銀山(おおもりぎんざん)とも呼ばれ、江戸時代初期は佐摩銀山(さまぎんざん)と呼ばれた。
明治期以降は銅などの鉱物が主に採鉱された。

鉱脈は石見国東部、現在の島根県大田市大森の地を中心とし、同市仁摩町や温泉津町にも広がっていた。
日本を代表する鉱山遺跡として1969年(昭和44年)に国によって史跡に指定。2007年(平成19年)6月28日にニュージーランドのクライストチャーチで開催されていた世界遺産委員会でユネスコの世界遺産(文化遺産)への登録が決まり、7月2日に正式登録された。

一般に銀山開発においては銀の精錬のため大量の薪炭用木材が必要とされたが、石見銀山では適切な森林の管理がなされたことにより環境への負荷の少ない開発がなされ、今日に至るまで銀山一帯には広葉樹などを含む森林が残されてきている点が特に評価されている。
2007年には日本の地質百選にも選定されている。
初期には仙ノ山山頂付近から自然銀に富む福石(ふくいし)が主に産出し、開発が進行するにつれ地下深くなり、銀を多く含む黄銅鉱、黄鉄鉱、方鉛鉱などの永久鉱床の採掘に移行していった。

石見銀山の発見について『石見銀山旧記』は鎌倉時代末期の延慶2年(1309年)に周防の大内弘幸が石見に来訪して北斗妙見大菩薩(北極星)のお告げにより銀を発見したという伝説について記しており、この頃からある程度の採掘がなされていたものと考えられている。

その後、大内氏が一時的に採掘を中断していた石見銀山を再発見し、本格的に開発したのは博多の商人・神谷寿貞(姓については神屋、名については寿禎・寿亭とも表記される)であるとされている。
海上から山が光るのを見た神谷は、領主大内義興の支援と出雲国田儀村の銅山主・三島清右衛門の協力を得て1526年(大永6年)3月、銀峯山の中腹で地下の銀を掘り出した。
義興の死後、大内義隆が九州経営に気を取られている間、1530年(享禄3年)に地方領主・小笠原長隆が銀山を奪い、3年後に大内氏が奪回した。
大内氏は山吹城を構えて銀山守護の拠点とした。
1533年(天文2年)8月、神谷寿貞は博多から宗丹と桂寿を招き海外渡来の銀精錬技術である灰吹法に日本で初めて成功した。
この技術でより効率的に銀を得られるようになり、全国の鉱山に伝えられ、日本における銀産出に大きな貢献をすることになる。
灰吹法確立以前は、鞆ヶ浦(仁摩町馬路)・沖泊(温泉津町)から鉱石のまま積み出され取引された。

日本の世界遺産一覧
自然遺産 / 知床 自然遺産 / 白神山地 文化遺産 / 日光の社寺
文化遺産 / 白川郷/五箇山の合掌造り集落 文化遺産 / 古都京都の文化財 文化遺産 / 法隆寺地域の仏教建造物
文化遺産 / 古都奈良の文化財 文化遺産 / 紀伊山地の霊場と参詣道 文化遺産 : 姫路城
文化遺産 / 広島の平和記念碑(原爆ドーム) 文化遺産 / 厳島神社 文化遺産 / 石見銀山遺跡とその文化的景観
自然遺産 / 屋久島 文化遺産 / 琉球王国のグスク及び関連遺産群 日本の世界遺産 / トップページ

=掲載のテキスト/画像について=
出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
著者:Yama 1009  掲載サイト
掲載のテキストはクリエイティブ・コモンズ 表示-継承ライセンスの下で利用可能です。
掲載の画像はクリエイティブ・コモンズ 表示-継承 3.0 非移植のもとに利用を許諾されています。