日本の世界遺産/日光の社寺

【登録物件名】 Shrines and Temples of Nikko

【遺産種別】  文化遺産

【登録年月日】  1999年12月2日(第23回世界遺産委員会マラケシュ会議)

【所在地】  栃木県日光市

登録物件概要

日光の社寺は、栃木県日光市に存在する寺院等の総称。「日光山内(にっこうさんない)」または「二社一寺(にしゃいちじ)」とも称される。

1998年(平成10年)5月14日、世界遺産登録推薦にさきがけて国の史跡に指定された。
従来、建造物については国宝や重要文化財に指定され、保護が図られている山内地区であったが、面的な保護策は講じられていなかった。
そこで、文化庁、栃木県教育委員会、専門家、学識経験者が協議し、二社一寺をはじめとする土地所有者、土地占有者ならびに関係者等の協力を得て日光山内50.8ヘクタールが文化財保護法にもとづく史跡指定を受けた。

1999年12月2日にモロッコのマラケシュで開催されたユネスコ世界遺産委員会で文化遺産として登録された。登録名は「日光の社寺」である。

日光東照宮
「見ざる、言わざる、聞かざる」の三猿
輪王寺 大猷院廟
輪王寺/三仏堂(重要文化財)
本殿側から見る陽明門
日本の世界遺産一覧
自然遺産 / 知床 自然遺産 / 白神山地 文化遺産 / 日光の社寺
文化遺産 / 白川郷/五箇山の合掌造り集落 文化遺産 / 古都京都の文化財 文化遺産 / 法隆寺地域の仏教建造物
文化遺産 / 古都奈良の文化財 文化遺産 / 紀伊山地の霊場と参詣道 文化遺産 : 姫路城
文化遺産 / 広島の平和記念碑(原爆ドーム) 文化遺産 / 厳島神社 文化遺産 / 石見銀山遺跡とその文化的景観
自然遺産 / 屋久島 文化遺産 / 琉球王国のグスク及び関連遺産群 日本の世界遺産 / トップページ

=掲載のテキスト/画像について=
出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
著者:Reggaeman  Mochi掲載サイト
掲載のテキストはクリエイティブ・コモンズ 表示-継承ライセンスの下で利用可能です。
掲載の画像はクリエイティブ・コモンズ 表示-継承のもとに利用を許諾されています。