日本の世界遺産/古都奈良の文化財

【登録物件名】 Historic Monuments Ancient Nara

【遺産種別】 文化遺産

【登録年月日】 1998年12月(第22回世界遺産委員会京都会議)

【所在地】 奈良県奈良市

古都奈良の文化財
古都奈良の文化財
古都奈良の文化財
古都奈良の文化財

登録物件概要

古都奈良の文化財は、奈良県奈良市地域に存在する寺院等の総称。
1998年12月2日京都市で開催されたユネスコ世界遺産委員会で日本で9件目の世界遺産(文化遺産)として登録された。

東大寺 / 正倉院 / 興福寺 / 春日大社 / 元興寺 / 薬師寺 / 唐招提寺 / 平城宮跡 / 春日山原始林

古都奈良の文化財は日本建築と日本美術の進化のひときわ優れた証拠性を有しており、それらは中国と朝鮮との文化的つながりの結果であり後世の発展に重要な影響を与えることになった。
奈良の建築遺産は、奈良が首都であった時代に開花した日本文化の唯一の証左である。
奈良における皇室宮殿の配置と現存文化財の設計は、初期アジアの首都群の建築と都市設計に関するきわだった例である。
奈良の仏教寺院と神社は、ひときわ優れた形で宗教の連続的な力と影響を証明する。

2010年に平城遷都(へいじょうせんと)1300年を迎えるにあたり、数々の事業が行われている。

日本の世界遺産一覧
自然遺産 / 知床 自然遺産 / 白神山地 文化遺産 / 日光の社寺
文化遺産 / 白川郷/五箇山の合掌造り集落 文化遺産 / 古都京都の文化財 文化遺産 / 法隆寺地域の仏教建造物
文化遺産 / 古都奈良の文化財 文化遺産 / 紀伊山地の霊場と参詣道 文化遺産 : 姫路城
文化遺産 / 広島の平和記念碑(原爆ドーム) 文化遺産 / 厳島神社 文化遺産 / 石見銀山遺跡とその文化的景観
自然遺産 / 屋久島 文化遺産 / 琉球王国のグスク及び関連遺産群 日本の世界遺産 / トップページ

=掲載のテキスト/画像について=
出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
著者:663highland  掲載サイト
掲載のテキストはクリエイティブ・コモンズ 表示-継承ライセンスの下で利用可能です。
掲載の画像はクリエイティブ・コモンズ 表示-継承 3.0 非移植のもとに利用を許諾されています。