動画でお散歩 / 戦前の歌謡曲 【 熱海ブルース 】 No.10

扇風機
蚊取りせんこう
猫
黒猫

 ♪ 熱海ブルース

作詞:佐伯孝夫 作曲:塙 六郎
歌唱:由利あけみ

(一)
昨日来た街  昨日来た街
今日また暮れて
つきぬ情(おも)いの 湯けむりよ
雨の匂いも やさしく甘く
君は湯上り 春の顔

(二)
宮(みや)を泣かした 宮を泣かした
横磯(よこいそ)あたり
おぼろ薄月 気にかかる
女ごころと 温泉(いでゆ)のなさけ
口にはいえない ことばかり

(三)
熱海湯の町 熱海湯の町
湯の香に聞く
花は白梅 山ざくら
仇に散らすな 奥山しぐれ
濡れて玄岳(くろだけ) 越えらりょか

昭和14年(1939年)
単調なメロディなのに。。。すごい歌唱力と表現力ですね!
息づかいもたっぷりと余裕もあって、繰り返し聞きたくなりました。
歌唱の由利 あけみは、1913年(大正2年)広島に生まれ、東京音楽学校を卒業。女学校の教師となるが歌手に転向。
熱海のPR曲「熱海ブルース」のヒットにより、エキゾチックな情感溢れる歌手として異彩を放った昭和期の歌手です。
原唱は由利あけみですが 映像がございません。フランク永井の歌唱でご覧下さい。
※コメント文は、投稿文より主に引用(一部編集させていただきました)
戦前の歌謡曲