動画でお散歩 / 戦前の歌謡曲 【 ほんとに。。。御苦労ね 】 No.112

扇風機
蚊取りせんこう
猫

ほんとにほんとに御苦労ね ♪

作詞: 野村俊夫  作曲: 倉若晴生
歌唱: 山中みゆき

(一)
楊柳(やなぎ)芽をふく クリークで
泥にまみれた 軍服を
洗う姿の 夢を見た
お国のためとは いいながら
ほんとにほんとに ご苦労ね

(二)
来る日来る日を 乾麺麭(かんぱん)で
護る前線 弾丸(たま)の中
ニュース映画を 見るにつけ
熱い涙が 先に立つ
ほんとにほんとに ご苦労ね

(三)
今日もまた降る 雨の中
何処が道やら 畑やら
見分けもつかぬ 泥濘(ぬかるみ)で
愛馬いたわる あの姿
ほんとにほんとに ご苦労ね

(四)
妻よ戦地の ことなどは
なにも心配 するじゃない
老いた両親(ふたおや) 頼むぞと
書いた勇士の あの音信(たより)
ほんとにほんとに ご苦労ね

◆ 昭和14年 (1939年)
軍隊小唄の元になった曲です。
銃後の気持を表した戦時歌謡として、戦場の兵士たちに圧倒的に支持され、陸・海・空のそれぞれの「軍隊小唄」として、替え歌が沢山作られました。
※コメント文は主に投稿文より引用(一部編集させていただきました)
戦前の歌謡曲