動画でお散歩 / 戦前の歌謡曲 【 緑の地平線 】 No.115

扇風機
蚊取りせんこう
猫
黒猫

 ♪ 緑の地平線

作詞: 佐藤惣之助  作曲: 古賀政男
歌唱: 楠木繁夫

(一)
なぜか忘れぬ 人故に
涙かくして 踊る夜は
ぬれし瞳に すすり泣く
リラの花さえ なつかしや

(二)
わざと気強く ふりすてて
無理に注(つ)がして 飲む酒も
霧の都の 夜は更けて
夢もはかなく 散りて行く

(三)
山のけむりを 慕いつつ
いとし小鳩の 声きけば
遠き前途(ゆくて)に ほのぼのと
緑うれしや 地平線

◆ 昭和10年 (1935年)
先日、尾道に旅した際、この緑の地平線の碑があって、この歌が女性解放運動に奔走した女性に関係したものであり、緑の地平線とは浅間山のことであるという事実を知りました。
阪神タイガースの応援歌「六甲おろし」も佐藤惣之助の作詞ですね。
余談ですが、楠木繁夫はこの歌で、スターダムにのし上りましたが、変名大王とも呼ばれ、分かっているだけでも、秋田登、黒田進、浜口淳、島津一郎など、51もの変名を使った変わり者です。
戦後、ヒット曲が出ないのを苦にして自殺してしまいます。
※コメント文は主に投稿文より引用(一部編集させていただきました)
戦前の歌謡曲