動画でお散歩 / 戦前の歌謡曲 【 ラバウル小唄 】 No.129

扇風機
蚊取りせんこう
猫

 ♪ ラバウル小唄

作詞: 若杉雄三郎  作曲: 島口駒夫
歌唱:

(一)
さらばラバウルよ 又来るまでは
しばし別れの 涙がにじむ
恋しなつかし あの島見れば
椰子の葉かげに 十字星

(二)
船は出てゆく 港の沖へ
愛しあの娘の うちふるハンカチ
声をしのんで 心で泣いて
両手合わせて ありがとう

(三)
波のしぶきで 眠れぬ夜は
語りあかそよ デッキの上で
星がまたたく あの星見れば
くわえ煙草も ほろにがい

(四)
赤い夕陽が 波間に沈む
果ては何処(いずこ)ぞ 水平線よ
今日も遙々(はるばる) 南洋航路
男船乗り かもめ鳥

(五)
さすが男と あの娘は言うた
燃ゆる思いを マストに掲げ
揺れる心は あこがれ遥か
今日は赤道 椰子の島

◆ 昭和19年 (1944年)
映像は、渥美清さんの朗読と歌です。
南太平洋の小島に散華した英霊たちに思いを寄せることができました。
涙が出てくる。この気持ちをいかんせん。
※コメント文は主に投稿文より引用(一部編集させていただきました)
戦前の歌謡曲