動画でお散歩 / 戦前の歌謡曲 【 雨に咲く花 】 No.17

扇風機
蚊取りせんこう
猫

 ♪ 雨に咲く花

作詞:高橋掬太郎 作曲:池田不二男
歌唱:関種子

(一)
およばぬことと 諦めました
だけど恋しい あの人よ
儘になるなら いま一度
ひと目だけでも 逢いたいの

(二)
別れた人を 思えばかなし
呼んでみたとて 遠い空
雨に打たれて 咲いている
花がわたしの 恋かしら

(三)
はかない夢に すぎないけれど
忘れられない あの人よ
窓に涙の セレナーデ
ひとり泣くのよ むせぶのよ

昭和10年(1935年)
この歌は、私の生まれた1935年に唄われたそうですが、昔の女性は誰も声が高くて細かったと思います。
日活映画初期の吉永小百合や浅丘ルリ子あたりまで続いて、女性の声が少しは低音に変化していったようです。
関種子は1930〜1933年ころ、佐藤千夜子、松原操などと一緒に活躍し、ご当地小唄や「窓に凭れて」などのヒット曲を出しています。
※コメント文は主に投稿文より引用(一部編集させていただきました)
戦前の歌謡曲