動画でお散歩 / 戦前の歌謡曲 【 雨の酒場 】 No.18

扇風機
蚊取りせんこう
猫
戦前の歌謡曲
戦前の歌謡曲
只今、残念ながら
映像がございません
戦前の流行歌

 ♪ 雨の酒場

作詞:佐伯孝夫 作曲:佐々木俊一
歌唱:灰田勝彦

(一)
忘れらりょうか あきらめらりょうか
何も言わずに 別れはしたが
情け知らずと 恨まずおくれ
雨の酒場で 心に詫びて
泣いている

(二)
忘れらりょうか あきらめらりょうか
泣けばせつない 想えばつらい
飽きも飽かれも したのじゃないが
逢うに逢えない 浮世の義理に
泣いている

昭和12年(1937年)
灰田さんの父親は医師で、明治政府の移民政策により、広島からハワイに移住したそうです。
そのため、灰田さんはハワイホノルルで生まれました。
12歳の時、母と、兄の灰田晴彦と共に帰国し、兄からギターと歌を学ぶようになったそうです。
※コメント文は主に投稿文より引用(一部編集させていただきました)
戦前の歌謡曲