動画でお散歩 / 戦前の歌謡曲 【 愛国の花 】 No.2

扇風機
蚊取りせんこう
猫
猫

 ♪ 愛国の花

作詞:福田正夫 作曲:古関裕而
歌唱:渡辺はま子

(一)
真白き富士の けだかさを
こころの強い 楯(たて)として
御国(みくに)につくす 女等(ら)は
輝く御代の やま桜
地に咲き匂う 国の花

(二)
勇士のあとを 雄々しくも
家をば子をば 守りゆく
優しい母や また妻は
まごころ燃ゆる 紅椿
うれしく匂う 国の花

(三)
御稜威(みいつ)のしるし 菊の花
ゆたかに香る 日の本の
女といえど 生命がけ
こぞりて咲いて 美しく
光りて匂う 国の花

昭和11年(1936年)
この歌を主題歌とした同名の映画は、野戦病院看護婦と傷痍軍人との清らかな心の交流を描いたものです。
いざ国難があれば一致団結してそれに立ち向かう、日本銃後女性の健気な心意気を歌った傑作と私は思っています。
当時の荒々しい軍歌の中にあって、際立って優美ですね。
スカルノ大統領の愛唱歌であったとも聞いております。
※コメント文は、主に投稿文より引用(一部編集させていただきました)
戦前の歌謡曲