動画でお散歩 / 戦前の歌謡曲 【 君恋し 】 No.43

扇風機
蚊取りせんこう
猫

 ♪ 君恋し

作詞: 時雨音羽  作曲: 佐々紅華
歌唱: 二村定一

(一)
宵闇せまれば 悩みは果てなし
みだるる心に うつるは誰が影
君恋し 唇あせねど
涙はあふれて 今宵も更け行く

(二)
唄声すぎゆき 足音ひびけど
いずこにたずねん こころの面影
君恋し おもいはみだれて
苦しき幾夜を 誰がため忍ばん

(三)
去りゆくあの影 消えゆくあの影
誰がためささえん つかれし心よ
君恋し ともしびうすれて
えんじの紅帯 ゆるむもさびしや

昭和04年(1929年)
正統派ですね。二村の明瞭な歌声がかえって悲壮感をもたらします。
フランク永井とは、また違った味で、時代背景がしのばれますね。
昭和3年のこの和製ジャズの「君恋し」は、昭和36年フランク・永井によって再リリースされ、第3回レコード大賞を獲得しています。
こんなに古くから歌われていたとは。。。知りませんでした。
※コメント文は主に投稿文より引用(一部編集させていただきました)
戦前の歌謡曲