動画でお散歩 / 戦前の歌謡曲 【 小雨の丘 】 No.48

扇風機
蚊取りせんこう
猫

 ♪ 小雨の丘

作詞: サトウ・ハチロー  作曲: 服部良一
歌唱: 小夜福子

(一)
雨が静かに降る 日暮れの町外れ
そぼ降る小雨に ぬれゆくわが胸
夢のような小糠雨 亡き母の囁き
一人聞く 一人聞く 寂しき胸に

[台詞]
ああお母さん あなたが死んで三年(みとせ)
私は この雨に あなたを思う。
雨 雨 泣きぬれる雨 
木の葉も 草もそして私も

(二)
辛いこの世の雨 悲しきたそがれよ
そぼ降る小雨に 浮かぶは思い出
移り行く日を数え 亡き母を偲べば
灯火が 灯火が 彼方の丘に

(三)
丘に静かに降る 今宵の寂しさよ
そぼ降る小雨に 心の涙よ
ただ一人たたずめば 亡き母の面影
雨の中 雨の中 けむりて浮かぶ

昭和15年(1940年)
少年時代に、ラジオを通して耳にした時の感動は老境に到った今も到底忘れ難いものです。
自分でも思いっきり唄いたいのですが、カラオケ・ナンバーに採用されそうもないのは残念至極です。
宝塚の男役スターらしい低音が魅力でした。
映像は高峰三枝子の歌唱です。
※コメント文は主に投稿文より引用(一部編集させていただきました)
戦前の歌謡曲