動画でお散歩 / 戦前の歌謡曲 【 ゴンドラの唄 】 No.57

扇風機
蚊取りせんこう
猫

 ♪ ゴンドラの唄

作詞: 吉井 勇  作曲: 中山晋平
歌唱: 佐藤千夜子

(一)
いのち短し 恋せよ乙女
紅き唇 あせぬ間に
熱き血潮の 冷えぬ間に
明日の月日は ないものを

(二)
いのち短し 恋せよ乙女
いざ手をとりて かの舟に
いざ燃ゆる頬を 君が頬に
ここには誰も 来ぬものを

(三)
いのち短し 恋せよ乙女
黒髪の色 あせぬ間に
心のほのお 消えぬ間に
今日はふたたび 来ぬものを

大正04年(1915年)
戦争突入前の、大正・昭和、つかの間のはかない平和を楽しむかのような情感あふれる佐藤千夜子さんの名唱だと思います。
音楽も佐藤千夜子さんの声も美しいですね。色んな方が歌ってますが、一番かも ?
「生きる」で有名でしたね。。。聴くだけで涙が頬を伝います。
あと、谷崎潤一郎や江戸川乱歩もこの歌を愛していたらしく、確か小説に出てきた記憶があります。
※コメント文は主に投稿文より引用(一部編集させていただきました)
戦前の歌謡曲