動画でお散歩 / 戦前の歌謡曲 【 鈴懸の径 】 No.74

扇風機
蚊取りせんこう
猫

 ♪ 鈴懸の径

作詞: 佐伯孝夫  作曲: 灰田有紀彦
歌唱: 灰田勝彦

(一)
友と語らん 鈴懸の径
通いなれたる 学舎(まなびや)の街
やさしの小鈴 葉陰に鳴れば
夢はかえるよ 鈴懸の径

(二)
=演奏のみ=
やさしの小鈴 葉陰に鳴れば
夢はかえるよ 鈴懸の径

昭和17年(1942年)
戦時中の匂いをまるで感じさせないこの歌は、特攻隊員の愛唱歌のひとつになっていたとも。
末期の癌で倒れた灰田が、病床で楽しみにしていたのがこの歌の除幕式でした。母校立教のキャンパスに建てられることを大変喜んでいたのですが。。。 式の約1週間前に急逝。除幕式には未亡人や作曲者でもある実兄の灰田有紀彦(作曲当時は晴彦)が駆けつけ、母校の先輩であり半世紀来の親交があったディック・ミネが涙ながらに熱唱。他の人の涙を誘ったそうです。
※コメント文は主に投稿文より引用(一部編集させていただきました)
戦前の歌謡曲