動画でお散歩 / 戦前の歌謡曲 【 妻恋道中 】 No.86

扇風機
蚊取りせんこう
猫

 ♪ 妻恋道中

作詞: 藤田まさと  作曲: 阿部武雄
歌唱: 上原  敏

(一)
好いた女房に 三下り半を
投げて長脇差(ながどす) 永の旅
怨むまいぞえ 俺等のことは
またの浮世で 逢うまでは

(二)
惚れていながら 惚れない素振り
それがやくざの 恋とやら
二度と添うまい 街道がらす
阿呆阿呆で 旅ぐらし

(三)
泣いてなるかと 心に誓や
誓う矢先に またほろり
馬鹿を承知の 俺等の胸を
何故に泣かすか 今朝の風

◆ 昭和12年(1937年)
「旅笠道中」で当てた東海林太郎のために、藤田まさとが詩を書いたのですが、二人は大ゲンカをしてしまい、上原 敏が歌うことになった経緯があるそうです。
マレにあるピンチヒッターの第1号といわれています。
終戦後、若者の演劇(田舎芝居?)が盛んになりましたが、上原敏さんのこの曲は定番でした。 
※コメント文は主に投稿文より引用(一部編集させていただきました)
戦前の歌謡曲