総合案内
巻物画像

1番札所
 霊山寺

祈り画像

1番札所  竺和山 霊山寺 (じくわざん  りょうぜんじ)

  • 所在地 徳島県鳴門市大麻町板東塚鼻126番地
  • 山号 竺和山
  • 宗派 高野山真言宗
  • 本尊 釈迦如来
  • 創建年 伝・天平年間(729年 - 749年)
  • 開基 伝・行基、聖武天皇(勅願)
  • 正式名 竺和山 一乗院 霊山寺
  • 札所等 四国八十八箇所1番
youtube画像
霊山寺画像
霊山寺の概要・歴史

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

霊山寺(りょうぜんじ)は徳島県鳴門市大麻町にある高野山真言宗の寺院。
竺和山(じくわさん)一乗院(いちじょういん)と号する。
釈迦如来を本尊とする。
とくしま88景に選定されている。
四国八十八箇所霊場の第一番札所である。
本尊真言:のうまくさんまんだ ぼだなん ばく
ご詠歌:霊山の 釈迦の御前に めぐりきて よろずの罪も 消えうせにけり

奈良時代、天平年間(729年 - 749年)に聖武天皇の勅願により、行基によって開創された。
弘仁6年(815年)に空海(弘法大師)がここを訪れ21日間(三七日)留まって修行したという。
その際、天竺(インド)の霊鷲山で釈迦が仏法を説いている姿に似た様子を感得し天竺の霊山である霊鷲山を日本、すなわち和の国に移すとの意味から竺和山霊山寺と名付け第一番札所としたという。
本尊の釈迦如来は空海が刻んだもので左手に玉を持った坐像である。
室町時代には三好氏の庇護を受けており、七堂伽藍の並ぶ大寺院として阿波三大坊の一つであったが、天正年間(1673年 - 1693年)に長曽我部元親の兵火に焼かれた。
その後徳島藩主蜂須賀光隆によって再興されたが明治時代の出火でまた多くの建物を失った。
本堂と多宝塔以外は近年の再建である。

四国八十八ケ所霊場
1番札所:霊山寺 12番札所:焼山寺 23番札所:薬王寺 34番札所:種間寺 45番札所:岩屋寺 56番札所:泰山寺 67番札所:大興寺 78番札所:郷照寺
2番札所:極楽寺 13番札所:大日寺 24番札所:最御崎寺 35番札所:清瀧寺 46番札所:浄瑠璃寺 57番札所:栄福寺 68番札所:神恵院 79番札所:天皇寺
3番札所:金泉寺 14番札所:常楽寺 25番札所:津照寺 36番札所:青龍寺 47番札所:八坂寺 58番札所:仙遊寺 69番札所:観音寺 80番札所:國分寺
4番札所:大日寺 15番札所:国分寺 26番札所:金剛頂寺 37番札所:岩本寺 48番札所:西林寺 59番札所:国分寺 70番札所:本山寺 81番札所:白峯寺
5番札所:地蔵寺 16番札所:観音寺 27番札所:神峯寺 38番札所:金剛福寺 49番札所:浄土寺 60番札所:横峰寺 71番札所:弥谷寺 82番札所:根香寺
6番札所:安楽寺 17番札所:井戸寺 28番札所:大日寺 39番札所:延光寺 50番札所:繁多寺 61番札所:香園寺 72番札所:曼荼羅寺 83番札所:一宮寺
7番札所:十楽寺 18番札所:恩山寺 29番札所:国分寺 40番札所:観自在寺 51番札所:石手寺 62番札所:宝寿寺 73番札所:出釈迦寺 84番札所:屋島寺
8番札所:熊谷寺 19番札所:立江寺 30番札所:善楽寺 41番札所:龍光寺 52番札所:太山寺 63番札所:吉祥寺 74番札所:甲山寺 85番札所:八栗寺
9番札所:法輪寺 20番札所:鶴林寺 31番札所:竹林寺 42番札所:佛木寺 53番札所:圓明寺 64番札所:前神寺 75番札所:善通寺 86番札所:志度寺
10番札所:切幡寺 21番札所:太龍寺 32番札所:禅師峰寺 43番札所:明石寺 54番札所:延命寺 65番札所:三角寺 76番札所:金倉寺 87番札所:長尾寺
11番札所:藤井寺 22番札所:平等寺 33番札所:雪蹊寺 44番札所:大寶寺 55番札所:南光坊 66番札所:雲辺寺 77番札所:道隆寺 88番札所:大窪寺

=掲載のテキスト/画像について=

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
著者:Reggaeman   掲載サイト
掲載のテキストはクリエイティブ・コモンズ 表示-継承ライセンスの下で利用可能です。
掲載の画像はクリエイティブ・コモンズ 表示-継承 3.0 非移植ライセンスのもとに利用を許諾されています。