総合案内
巻物画像

30番札所
 善楽寺

祈り画像

30番札所  百々山 善楽寺 (どどざん  ぜんらくじ)

  • 所在地 高知県高知市一宮2501
  • 山号 百々山
  • 宗派 真言宗豊山派
  • 本尊 阿弥陀如来
  • 創建年 (伝)大同5年(810年)
  • 再興:昭和4年(1929年)
  • 開基 伝・空海(弘法大師)
  • 正式名 百々山 善楽寺 東明院
  • 札所等 四国八十八箇所30番
youtube画像
善楽寺画像
善楽寺の概要・歴史

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

善楽寺(ぜんらくじ)は、高知県高知市にある寺院。
宗派は真言宗豊山派 。
百々山(どどざん)、東明院(とうみょういん)と号す。
四国八十八箇所霊場の第三十番札所。
本尊は阿弥陀如来。

本尊真言:おん あみりた ていぜい からうん
ご詠歌:人多く 立ち集まれる 一の宮 昔も今も 栄えぬるかな

大同5年(810年)空海(弘法大師)が土佐一宮(現在の土佐神社)の別当寺として創建したといわれている。
応仁年間(1467〜1469)に兵火で焼失したが、土佐藩2代藩主山内忠義の庇護を受けて栄えた。
明治初期の神仏分離で廃寺となり、本尊の阿弥陀如来と弘法大師像とは南国市にある29番札所国分寺に移された。
善楽寺の廃寺により明治8年(1875年)に再興された安楽寺が30番札所となった。
昭和5年(1930年)に埼玉県与野町(現さいたま市中央区)にあった東明院をこの地に移転し、また国分寺にあった弘法大師像を移して善楽寺が再興された。
30番札所の正統性について善楽寺と安楽寺の間で論争が起こり、札所は2箇所並立となった。
平成6年(1994年)1月1日、安楽寺を30番札所奥の院とすることで決着した。

四国八十八ケ所霊場
1番札所:霊山寺 12番札所:焼山寺 23番札所:薬王寺 34番札所:種間寺 45番札所:岩屋寺 56番札所:泰山寺 67番札所:大興寺 78番札所:郷照寺
2番札所:極楽寺 13番札所:大日寺 24番札所:最御崎寺 35番札所:清瀧寺 46番札所:浄瑠璃寺 57番札所:栄福寺 68番札所:神恵院 79番札所:天皇寺
3番札所:金泉寺 14番札所:常楽寺 25番札所:津照寺 36番札所:青龍寺 47番札所:八坂寺 58番札所:仙遊寺 69番札所:観音寺 80番札所:國分寺
4番札所:大日寺 15番札所:国分寺 26番札所:金剛頂寺 37番札所:岩本寺 48番札所:西林寺 59番札所:国分寺 70番札所:本山寺 81番札所:白峯寺
5番札所:地蔵寺 16番札所:観音寺 27番札所:神峯寺 38番札所:金剛福寺 49番札所:浄土寺 60番札所:横峰寺 71番札所:弥谷寺 82番札所:根香寺
6番札所:安楽寺 17番札所:井戸寺 28番札所:大日寺 39番札所:延光寺 50番札所:繁多寺 61番札所:香園寺 72番札所:曼荼羅寺 83番札所:一宮寺
7番札所:十楽寺 18番札所:恩山寺 29番札所:国分寺 40番札所:観自在寺 51番札所:石手寺 62番札所:宝寿寺 73番札所:出釈迦寺 84番札所:屋島寺
8番札所:熊谷寺 19番札所:立江寺 30番札所:善楽寺 41番札所:龍光寺 52番札所:太山寺 63番札所:吉祥寺 74番札所:甲山寺 85番札所:八栗寺
9番札所:法輪寺 20番札所:鶴林寺 31番札所:竹林寺 42番札所:佛木寺 53番札所:圓明寺 64番札所:前神寺 75番札所:善通寺 86番札所:志度寺
10番札所:切幡寺 21番札所:太龍寺 32番札所:禅師峰寺 43番札所:明石寺 54番札所:延命寺 65番札所:三角寺 76番札所:金倉寺 87番札所:長尾寺
11番札所:藤井寺 22番札所:平等寺 33番札所:雪蹊寺 44番札所:大寶寺 55番札所:南光坊 66番札所:雲辺寺 77番札所:道隆寺 88番札所:大窪寺

=掲載のテキスト/画像について=

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
著者:Reggaeman  掲載サイト
掲載のテキストはクリエイティブ・コモンズ 表示-継承ライセンスの下で利用可能です。
掲載の画像はクリエイティブ・コモンズ 表示-継承 3.0 非移植ライセンスのもとに利用を許諾されています。