総合案内
巻物画像

86番札所
 志度寺

祈り画像

86番札所  補陀落山 志度寺 (ふだらくざん  しどじ)

  • 所在地 香川県さぬき市志度1102番地
  • 山号 補陀洛山
  • 宗派 真言宗善通寺派
  • 本尊 十一面観音
  • 創建年 推古天皇33年(626年)
  • 開基 伝・尼凡薗子
  • 正式名 補陀洛山 清浄光院 志度寺
  • 文化財 本堂、仁王門
    木造十一面観世音菩薩両脇士立像ほか(下記へ別記)
youtube画像
志度寺画像
志度寺の概要・歴史

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
志度寺(しどじ)は、香川県さぬき市志度にある寺院。宗派は真言宗善通寺派で、四国八十八箇所霊場の第八十六番札所。詳名は補陀洛山清浄光院志度寺。 謡曲『海人』で知られる「海女の玉取り伝説」が伝えられており、境内には「海女の墓」が五輪塔群として現存する。
また、浄瑠璃の『花上野誉の石碑』(志渡寺の段)などの舞台にもなっている。

本尊真言:おん まか きゃろにきゃ そわか
ご詠歌:いざさらば 今宵はここに しどの寺 祈りの声を 耳に触れつつ

本寺の縁起によると、志度浦にたどり着いた霊木を尼凡薗子が草庵へ持ち帰り安置し、そののち霊木は本尊(十一面観音)として彫られ、堂宇が建立された。創建は推古天皇33年(626年)とされ、天武天皇10年(681年)には藤原不比等が堂宇を増築し、「志度道場」として名づけた。
また、持統天皇76年(693年)には藤原房前が行基とともに堂宇を建立したと伝えている。
室町時代には四国管領の細川氏が代々寄進を行い繁栄するが、そののち戦乱により寺院は荒廃する。藤原氏末裔の生駒親正による支援などを経てのち、寛文10年(1671年)、高松藩主松平頼重の寄進(本堂・仁王門)など、高松藩主松平氏により再興された。
文化財
本堂、仁王門、木造十一面観世音菩薩両脇士立像ほか(国の重要文化財)閻魔堂・奪衣婆堂、木造如来形坐像、木造金剛力士立像(県文化財) 絹本著色十一面観世音菩薩(市文化財) 生駒親正墓塔、海女の墓五輪塔群(市史跡)

四国八十八ケ所霊場
1番札所:霊山寺 12番札所:焼山寺 23番札所:薬王寺 34番札所:種間寺 45番札所:岩屋寺 56番札所:泰山寺 67番札所:大興寺 78番札所:郷照寺
2番札所:極楽寺 13番札所:大日寺 24番札所:最御崎寺 35番札所:清瀧寺 46番札所:浄瑠璃寺 57番札所:栄福寺 68番札所:神恵院 79番札所:天皇寺
3番札所:金泉寺 14番札所:常楽寺 25番札所:津照寺 36番札所:青龍寺 47番札所:八坂寺 58番札所:仙遊寺 69番札所:観音寺 80番札所:國分寺
4番札所:大日寺 15番札所:国分寺 26番札所:金剛頂寺 37番札所:岩本寺 48番札所:西林寺 59番札所:国分寺 70番札所:本山寺 81番札所:白峯寺
5番札所:地蔵寺 16番札所:観音寺 27番札所:神峯寺 38番札所:金剛福寺 49番札所:浄土寺 60番札所:横峰寺 71番札所:弥谷寺 82番札所:根香寺
6番札所:安楽寺 17番札所:井戸寺 28番札所:大日寺 39番札所:延光寺 50番札所:繁多寺 61番札所:香園寺 72番札所:曼荼羅寺 83番札所:一宮寺
7番札所:十楽寺 18番札所:恩山寺 29番札所:国分寺 40番札所:観自在寺 51番札所:石手寺 62番札所:宝寿寺 73番札所:出釈迦寺 84番札所:屋島寺
8番札所:熊谷寺 19番札所:立江寺 30番札所:善楽寺 41番札所:龍光寺 52番札所:太山寺 63番札所:吉祥寺 74番札所:甲山寺 85番札所:八栗寺
9番札所:法輪寺 20番札所:鶴林寺 31番札所:竹林寺 42番札所:佛木寺 53番札所:圓明寺 64番札所:前神寺 75番札所:善通寺 86番札所:志度寺
10番札所:切幡寺 21番札所:太龍寺 32番札所:禅師峰寺 43番札所:明石寺 54番札所:延命寺 65番札所:三角寺 76番札所:金倉寺 87番札所:長尾寺
11番札所:藤井寺 22番札所:平等寺 33番札所:雪蹊寺 44番札所:大寶寺 55番札所:南光坊 66番札所:雲辺寺 77番札所:道隆寺 88番札所:大窪寺

=掲載のテキスト/画像について=

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
著者:Reggaeman  掲載サイト
掲載のテキストはクリエイティブ・コモンズ 表示-継承ライセンスの下で利用可能です。
掲載の画像はクリエイティブ・コモンズ 表示-継承 3.0 非移植ライセンスのもとに利用を許諾されています。