志村けん
案内板
扇子
どじょう
志村けん
曲芸
門松
獅子
志村けん
No.1
ラーメン屋
No.2
家政婦さん
No.3
定食屋コント
No.4
音楽コント
志村けん/ラーメン屋さん 志村けん/家政婦さん 志村けん/定食屋コント 志村けん/音楽コント
No.5
透視ビデオの巻
No.6
病室で
No.7
子どもには
わからない話
No.8
志村家の食事
透視ビデオの巻 病室にて 子どもにはわからない話 志村家の食事
No.9
診察室
No.10
音楽コント
No.11
桜田淳子
私ってダメな女ね
No.12
音楽コント
コント診察室 音楽コント 私ってダメな女ね/桜田淳子 音楽コント
No.13
音楽コント
No.14
保安検査員
No.15
教祖誕生
No.16
桃太郎侍
音楽コント 危険物検査 教祖誕生 桃太郎侍
No.17
取り調べコント
No.18
スチュワ−デス
No.19
飛行機内で
No.20
爆笑ゴルフコント
取り調べコント 婚姻届 飛行機内でほしのあき 爆笑ゴルフコント

志村 けん ( しむら けん )

志村 けん(しむら けん、1950年2月20日 - )は、日本のお笑いタレント、コメディアン、司会者。本名:志村 康徳(しむら やすのり)。イザワオフィス所属。身長:166.7cm(『人気者でいこう!』で測定)。血液型はA型。

人物
日本を代表するコメディアンの一人で、ザ・ドリフターズ(以下、ドリフと表記)の一員。愛称は「志村」「けんさん」「しむけん」「けんちゃん」「ケン坊」など。

来歴
付き人からドリフ入り
1950年、志村憲司・和子の三男として東京都北多摩郡東村山町(現在の東村山市)に生まれ、厳格な家庭に育つ。本名の「康徳」は、父親が徳川家康を崇敬していたことにちなみ、頭の「徳」と尻の「康」をとり、逆さにした。芸名の「けん」は、父親の名前「憲司」に由来する。

幼い頃、厳格な父親の支配する家庭はいつも重苦しい雰囲気に包まれていたが、当時まだ珍しかったテレビのお笑い番組で漫才や落語を見ていた時だけは、嫌な気持ちを忘れることができた。その時だけは、厳格な父親も笑いをこらえながらテレビを見ていたという。そのような体験から、お笑い芸人の世界に憧れを抱くようになった。

小学校時代、運動会で脱糞したことがあったという。東村山第二中学校時代は文化祭でよくコントをしていたといい、所ジョージ(隣市・埼玉県所沢市出身)の遠戚とバンドを組んだこともあった。中学の頃から、将来はお笑いで仕事をやっていくことを決心したという。東京都立久留米高等学校に進学する。

1968年、卒業間際にザ・ドリフターズの付き人になった。この際、リーダーのいかりや長介が志村を強引に東北地方巡業へ付き合わせたため、出席日数が足りなくなり中退の扱いにされてしまったと言われる(本人の証言であるが、様々なプロフィールでは卒業となっている。一説によれば、遅れて卒業したという)。2007年3月のブログでは、高校3年当時2月に付き人になり、3月の卒業式には参加したことを述べている。

初めは由利徹の弟子になろうとした。ついでコント55号かドリフのどちらに弟子入りするか迷ったが、音楽性の面からドリフを選び、1968年の2月にいかりやの家へ直接押しかけ、雪の降る中を夜中にいかりや本人が帰って来るまで12時間ほど待ち続けた。1週間後にいかりやから弟子入りを認められ、ドリフの付き人となる(いかりやとしては、ちょうど付き人が1人やめて人手が足りない時だったので、すぐに志村の採用を決めたという)。当時のドリフは積極的に音楽活動を行っていたため、仲間内では「付き人」ではなく「バンドボーイ」(通称ボーヤ)と呼ばれていた。

加藤茶の付き人となるが、1年余りで一度脱走(本人の著書では、社会勉強をするため他の付き人に伝言して辞めたというが、いかりやの許可をもらったわけではないため、脱走扱いとなる)し、バーテンダーなどのアルバイトをしたりしていた。『SMAP×SMAP』(関西テレビ・フジテレビ)の「BISTRO SMAP」に出演した際には、この時のことについて、いかりやの家に行き「1年間だけ時間をください。1年経ったら戻ってきます」と言ったが、当時夫婦喧嘩の最中だったいかりやからは「うるせぇこの野郎!」と無視された、と述べている。戻ってくる時はいかりやの家に行きにくかったので、加藤の家に行って頼み、加藤が個人的にいかりやへ口添えしたところ、「2度も弟子入りするやつはよくよく好きなんだろう」と、出戻りを認めてくれた。その後、しばらく加藤の付き人兼加藤家居候となる。無名の付き人だった志村は、運転免許を持っていないため、当時国民的人気者の加藤が運転する車の助手席にふんぞりかえったまま、加藤の家に帰り、加藤を差し置いて加藤の母親に晩御飯を用意してもらい、加藤より先に風呂に入るという大物ぶりを発揮していた。

1972年、22歳の時にお笑いコンビ・マックボンボンを結成し、テレビ番組『ぎんぎら!ボンボン!』に出演するも、失敗に終わった(この頃の芸名は「志村健」の表記が多かった。なお「志村健」の芸名は、現在台湾で使用されている)。1973年12月、見習いとしてドリフのメンバーに加入する。

1974年、荒井注が脱退し、正式にドリフのメンバーとなる。なお、この時リーダーのいかりやは、荒井やいかりやと同年代の新メンバーの加入を検討していたが、加藤の推薦により若手の志村が起用された。当時、志村は24歳だった。

各ページへ続く

=掲載のテキスト=
出典:フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
著者:空欄   掲載サイト
掲載のテキストはクリエイティブ・コモンズ 表示-継承ライセンス
の下で利用可能です。最終更新 2010年12月22日 (水) 08:47