昭和初期の日本
貴重なカラー映像が語る・・・
 歴史をふり返ってみませんか?

youtube動画

=昭和初期のカラー映像= 「昭和初期のカラー映像」ナレーションより

戦前フィルムといえば、モノクロが当たり前。
長い間そう思われてきました。

ところが最近、カラーで撮影された昭和初期のフィルムが大量に発見されました。

美しい日本の自然や、女性たちを映したこの映像は、昭和10年ごろに撮影されたドキュメ
ンタリー映画の一コマです。

カフェやダンスホールが立ち並び、モダン文化が花開いたころの銀座の街も映っています。

この頃、開発された小型映画用のカラーフィルムによって、
人々は自分の住む街を。。。 旅の想い出を。。。 愛する家族を。。。

そして、その家族の歴史をホームムービーの中に収めていきました。

しかし、幸せな家族の生活は、海の向こうで始まった戦争によって崩れ去りました。

昭和16年12月の日本軍によるハワイ真珠湾攻撃。
これまで幻といわれていた、そのカラー映像が発見されました。

戦争の拡大は、人々の暮らしを根底から覆しました。
戦局が悪化するにつれ、生活の場が戦場となり、 民間人が戦いに巻き込まれていきます。

平和から戦争へ。
激動の昭和初期を貴重なカラー映像の数々で見つめ直します。
昭和初期のカラー映像
NO.1
昭和初期のカラー映像
NO.2
昭和初期のカラー映像
NO.3
昭和初期のカラー映像
NO.4
昭和初期のカラー映像
NO.5
昭和初期の日本カラー映像(1) 昭和初期の日本カラー映像(2) 昭和初期の日本カラー映像(3) 昭和初期の日本カラー映像(4) 昭和初期の日本カラー映像(5)
昭和初期